義肢(義足・義手)装具の製造・販売_(株)洛北義肢

● 現場で働く社員の声

いそむら  めい
磯村 明 さん
平成26年3月に日本聴能言語福祉学院義肢装具学科卒業
同年4月入社
所属:営業部
義肢装具士

洛北義肢で働く方は様々なことを学んでいこうとする姿勢が強いです。
学会やセミナーに積極的に参加したり、土曜日には勉強会を開いたり、装具の仕様についても営業部だけでなく製造部とも話し合ってより良くしていこうとしています。また社員同士仲が良く、悩みの相談にのっていただいたり休日も一緒に遊びに行ったりしています。

私が洛北義肢に入社したいと思ったきっかけは、社員の教育制度がしっかりしていた事もあります。その中で各新入社員に、一人のBSという教育担当がつく BS制度 というものがあり、私がNC(新入社員)の時、BSの存在がとても大きかったです。BSを担当していただいた先輩社員の方に厳しくも温かく指導していただき、辛い時には相談にのっていただきました。 私もBSとしてNCの指導をしました。指導することで、NCだけではなく自分自身の成長につながったと思います。
この仕事でやりがいを感じるときは、患者様に製品をお渡しする際に自分のイメージ通りに上手くいったときです。
難しい症状や症例で先輩や上司など、様々な方に相談したり、自分で考えたりした製品の適合が良いととても嬉しくなります。
その時は患者様もとても喜んでくださったり、装具を装着することにご納得いただけたりと、頑張ってよかったなぁと思えます。

>>一覧へ戻る

ISO9001,ISO2000認証 学会発表・参加活動 CAD/CAMインソール製作システム オスカー認定取得 京都はあとふる企業認証 ユースエール認定