● 先輩の声

よこうち  りゅうせい
横内  龍成 さん
北海道科学大学 保健医療学部 義肢装具学科卒業(10期生)
2019(平成31)年入社 営業部所属
義肢装具士

洛北義肢は若い社員が多いことが特徴の一つです。先輩社員との年齢も近くて話しやすい雰囲気のため社員同士の仲が良く、活気があり、皆さん親身になって相談に乗ってくれます。同僚を語る上では同期の存在も欠かせません。当社は同期入社の社員が多く、同期の活躍は大きな励みになりますし、悩み事があるときに一番話しやすいのも同期です。

義肢装具士としての経験をしていく中でも、新人教育制度(プリセプター制度)自己学習への支援(CPD制度)も充実しています。入社してからは社会人マナーや、患者様の対応をするために必要な基礎知識を約1ヶ月間の研修で学び、その後、先輩社員と病院へ同行しながら患者様の対応を学んで行きます。私もはじめは本当に一人で仕事が出来るのか不安でいっぱいでしたが、研修で学んだことを病院同行で実践していく中で少しずつ出来ることが増えていき、現在は病院での臨床業務にあたっています。

日々の病院業務では、初めてお会いする患者様に義肢装具の必要性をご理解いただくことに難しさを感じています。治療上必要であっても、患者様が装具を拒否されることや、必要な期間装着していただけないこともあります。その中で全ての要望を叶えることが出来るとは限りませんが、患者様のお話に耳を傾け、要望を反映させた装具により患者様に喜んでいただけたときは大きなやりがいを感じています。

今後はより専門的な知識を身につけ、一人でも多くの患者様を笑顔に出来るよう、一人の義肢装具士として、社会人として成長していきたいと思っています。

洛北義肢で義肢装具士として働くことに興味のある方は、是非会社の雰囲気を感じるためにも一度京都まで足を運んでみてください。皆さんとお会いできることを心待ちにしております。

>>一覧へ戻る

ISO9001,ISO2000認証 学会発表・参加活動 オスカー認定取得 京都はあとふる企業認証