義肢(義足・義手)装具の製造・販売_(株)洛北義肢

● 現場で働く社員の声

あさひ   しずか
朝陽 静香 さん
平成19年3月に神戸医療福祉専門学校三田校義肢装具士科卒業
同年4月入社
所属:リハビリテーション課/主任
義肢装具士
2級義肢・装具製作技能士(義肢製作作業)
業務内容は学生時代から希望しておりました義肢製作を専門として、現在は回復期リハビリテーション病院や更生相談所も担当しており、治療用補装具から更生用補装具まで幅広く臨床に携わっております。

当社は新入社員歓迎会、社員旅行、忘年会の年3回のイベントがあり、社内イベント以外でもマラソンや登山なども社員同士で出かけるなど公私ともにとても仲が良いです。上司・先輩方はとても優しく、期待をかけて私の仕事をサポートしてくださいますし、同期や後輩とも臨床で困ったことや症例について相談でき、一人で悩むことはほとんどありません。

さらに当社の魅力の一つに社内教育システムが挙げられます。BS制度、社内研修、国内外の学会への参加など、卒後においても医療職としての立ち振る舞いや専門知識を積極的に学ぶことができます。専門知識を持った上司、先輩がいることで情報共有ができるので、難症例などに対する知識や経験を積むことができます。教えてくれる人、切磋琢磨する相手がたくさんいてくれるというところがとても良いところです。

私はこの約十年間に出会った患者様に育てて頂いたと思っています。1年目や2年目にお会いした患者様には上司・先輩にサポートしていただいて何とか良い製品をお渡ししてきたつもりではありますが至らない対応があったと思います。そんな中でも「ありがとう」や「次もよろしくね」と経験を積むチャンスを頂いて、時には厳しいお言葉を頂戴した事もありますがそれも含めて今の私の財産となっています。義肢を専門としていますので、義肢をご使用の患者様には作り替えや修理で定期的にお会いします。前回よりも良いものをお渡ししたい、その思いで仕事には取り組んでいます。今年、6年ほど前から担当させていただいている患者様に「朝陽さんも成長したもんやな」と言って頂きました。まだまだ未熟なところばかりではありますが、とてもうれしかったです。この仕事のやりがいは患者様との出会いにあると思います。

>>一覧へ戻る

ISO9001,ISO2000認証 学会発表・参加活動 CAD/CAMインソール製作システム オスカー認定取得 京都はあとふる企業認証 ユースエール認定