義肢(義足・義手)装具のご用命は、(株)洛北義肢へ

日本材料学会 第52期通常総会・学術講演会

2003年5月16日(金)〜18日(日)    東京都
テーマ:「義肢・装具の歴史と現状および将来展望」

日本材料学会 第52期通常総会・学術講演会ならびに各種併設行事として、当社社長の坂本勉が「義肢・装具の歴史と現状および将来展望」という演題で発表を行いました。

発表内容:

・義肢装具の歴史(古代中世の義肢、日本の義肢装具と発展)
・現代の義肢装具の種類と材料
・義肢装具の製作工程
・義肢装具、今後の展望



発表日時:5月18日  
会 場:工学院大学新宿キャンパス 〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2


プログラム内容:

オーガナイスドセッション11

(生体・医療材料分野の技術開発と将来展望)
[基調講演]
9:15〜10:15 <座長 片山傳生 (同大) >
517.米国におけるバイオメカ研究の動向       井上望(ジョンズホプキンス大)
518.義肢・装具の歴史と現状および将来展望   坂本勉(洛北義肢)


なお同じセッションで発表された井上望先生は当社がお世話になっている医師の方です。
また座長の片山傳生先生は同志社大学工学部の教授で当社と産学連携でお世話になっております。
この片山先生も下記のように同日発表されました。

[生体・医療材料-Y]
15:45〜16:30 <座長 松下富春 (神戸製鋼) >
536. 有機-無機生体複合材料のバイオミメティク合成とインテリジェント材料としての応用
       ○久森紀之(上智大),木村惠(上智大院),高井健一(上智大)
537. 固-気体複合材料の静的荷重分散設計
       三木正俊(新キャタピラ-三菱),片山傳生(同大),山本英毅,○加島勝永(同大院)
538. 生体骨の力学的構造のFRP設計への応用 −荷重支持構造の繊維配向設計モデル −
        片山傳生(同大),山本英毅,○徳田周二(同大院)

>>一覧