義肢(義足・義手)装具のご用命は、(株)洛北義肢へ

第14回 日本義肢装具士協会学術大会

2007年5月26日(土) 〜 27日(日)   名古屋市公会堂
=第14回 日本義肢装具士協会学術大会=
テーマ:「ものづくりから未来を学ぶ」


「第14回日本義肢装具士協会学術大会」が5月26日(土)、27日(日)の日程で開催されました。

今回のメインテーマは「ものづくりから未来を学ぶ」でした。 私たちの業界は「ものづくり」が基本ですが、日々進歩していく技術をいかに取り入れて、 皆様のお役に立つ製品を提供できるかが今後の課題であると感じました。

併設展示会場内は多くの方々が足を運ばれ大盛況でした。 その中で(株)洛北義肢とサカモト(有)は、 RG製品 BBEヘルスケア社製品 、 アスペン社製品 、 材料 、 を紹介させていただきました。

又、参考展示として 「PEDCAD社インソール製作システム(CAD/CAM)」 とMEDI社製品を出展しました。 「PEDCAD社インソール製作システム(CAD/CAM)」では、 実物のインソール完成品やブランク(材料)を手に取って確認していただきながら、 パソコン画面でインソールの製作過程をご覧いただきました。 当社の設備と製品品質の高さを認識していただけたと思います。 MEDI社製品では、特長のある装具製品を出展し、 お立ち寄りいただいた皆様より貴重な御意見を聞かせていただきました。今後の展開に活かしていきます。

当社では最新技術や海外にも目を向け、 「必要とされるひとに、必要とされるものを、必要なときに・・・」をモットーに、 皆様のお役に立てるよう、より一層の努力を重ねて参ります。

お会いする機会が少ない義肢装具会社様やPO関連の方々と直接お話をすることができ、 有意義な時間を持てたことを嬉しく思います。

多数の方に当社展示ブースにお立ち寄りいただきまして、誠にありがとうございました。

>>一覧