義肢(義足・義手)装具のご用命は、(株)洛北義肢へ

第23回 日本義肢装具学会 学術大会

2007年11月17(土)、18日(日)   島根県松江市
テーマ:「夢を創る」

10月21(土)、22日(日)に島根県松江市にて 第23回日本義肢装具学会学術大会 が開催されました。今回のメインテーマは「夢を創る」でした。

開催期間中、併設展示ブースにて、 RGオリジナル製品、 BBEヘルスケア社製品、 アスペン社製品、 EVA材料 を紹介いたしました。 今回展示した中では、生後1ヵ月の乳児にも対応可能な 「アスペンカラー小児用」 に多くの方が興味を持っていただけました。 また、参考展示として今年2月より稼働しております 「PedCad社インソール製作CAD/CAMシステム」 を紹介いたしました。 インソールの完成品やブランク(成型前の材料)の実物を手に取って確認していただくと同時に、 パソコン画面ではインソールの製作過程を動画を使って紹介いたしました。

・パネルディスカッション「ISOと義肢装具」では、当社副社長 坂本明信が、2001年に義肢装具業界で初となるISO9001の認証取得 を達成した経験をもとに、当社のISOに対する取り組みについて発表を行わせていただきました。

・マニュファクチャラーズワークショップでは、 「ボストンブレースとボストンソフトジャケットのご紹介」と題しまして、 サカモト(有)から加藤が発表を行いました。 その甲斐合って、展示ブースではセミナー開催のお問い合わせを多数承りました。


直接お会いする機会が少ない義肢装具会社様やPO関連の方々と直接お話をすることができ、有意義な時間を持てたことを嬉しく思います。 当社の展示ブースに足をお運びくださいまして、誠に有難うございました。

>>一覧