義肢(義足・義手)装具のご用命は、(株)洛北義肢へ

第27回 日本義肢装具学会 学術大会

2010年10月22日(土)、23日(日)   東京
テーマ:「新たな社会ニーズへの対応を考える」
10月22日(土)、23日(日)に東京都のTFTビルで開催されました 第27回日本義肢装具学会学術大会 にて商業展示ブースを出展し、取り扱い製品の紹介をさせて頂きました。

今回は 『Kenbag』 『アンクルアルファ』 『ソフトフォルダー』 『小児用スライド部品』 などの 『REHABITECH製品』 とともに、再び代理店として取り引きを再開した ASPEN社製品 を紹介させていただきました。 中でも6段階高さ調節機構の付いたビスタTXは特にご注目いただきましたが、 以前にご購入いただいていたお取引先様からは、当社での取扱い再開を喜んでいただけるお声を多数いただきました。 ASPEN社製品については新製品のビスタブレース、ビスタブレースプラスも展示させていただきました。 本製品は顎受け部分のみならず、体幹部分の長さと胸部の角度調整も可能なユニークな製品です。 また、株式会社ソネ様のご協力を得て、ドイツOPED社のVACOped、VACOpedesの紹介をさせていただきました。 実物に触れていただきながら、足関節の可動域調節機構や、バキューム機構によるビーズクッションの仕組みを実感していただきました。

お忙しい中、弊社ブースにお立ち寄りいただきました皆様方にお礼申し上げます。 なお皆様からいただきましたお声は、今後の商品展開や改良の参考とさせていただきます。誠にありがとうございました。


>>一覧