義肢(義足・義手)装具のご用命は、(株)洛北義肢へ

「Asia Prosthetic and Orthotic Scientific Meeting 2016」(韓国)参加のご報告

2016年11月4日〜6日

 2016年11月4日〜6日に、韓国で開催された「Asia Prosthetic and Orthotic Scientific Meeting 2016」に、弊社リハビリテーション課係長の仁賀、同課主任の朝陽、営業部係長の野村が参加いたしました。
 本学会は、シンポジウム、特別講演、一般口演、ポスター発表、商業展示など盛りだくさんの内容で、ワークショップにおいては、「Socket-less Socket」「Flexible Subischial Vacuum Socket」など日本では紹介されていない義足についても学ぶことが出来ました。
 また、関連企業の潟潟nビテックからも3名が参加し、同社研究開発部の松坂が“ Investigation of influence of load on shoulder generated by difference in harness arrangements of shoulder abduction brace ”という演題名で口演を行いました。

 最先端の知識と技術の取得に加え、隣国の文化まで学ぶ機会となりました。この経験を今後の業務に活かして、より良い製品を提供してまいりたいと思います。