義肢(義足・義手)装具のご用命は、(株)洛北義肢へ

第24回 日本義肢装具士協会学術大会

2017年7月22日(土) 、23日(日)   福岡県「福岡国際会議場」
=第24回 日本義肢装具士協会学術大会=
テーマ:〜義肢装具士の30年とこれから〜

7月22日(土) 、23日(日)に福岡県「福岡国際会議場」で開催された第24回日本義肢装具士協会学術大会において、弊社社員が次のとおり演題発表をさせていただきました。多くの方にご聴講いただき、ご質問やご意見をいただきました。誠にありがとうございます。

7月22日(土)
・「義肢装具製作現場での自傷事故・労働災害ゼロへ〜リスクアセスメントへの取り組み」駒井 辰行
・「上肢懸垂装具がCVA一症例の歩行周期に及ぼした影響についての一考察」上川 鈴代
・「CADを用いた採寸ダーメンコルセットの型紙生成手法の検討」森岡 章
・「他疾患により仕様変更を必要としたフレームコルセット製作例」奥澤 勉
・「両手指切断者に対する自転車用の義手を製作した一症例」田口 温志
・「義肢装具の顧客満足度について」田島 寛之
・「装具破損に対するフォローアップ期間に関する調査」大友 将也
・「破傷風罹患後、難治性CRPSに対して手背屈装具を納品した一症例」久山 侑葵

7月23日(日)
・「側弯矯正装具の矯正目標値の設定について」森 耕平
*1「車椅子における,キャンバー角変更機構の研究・開発」萩原 沙耶
  *1 は神戸医療福祉専門学校三田校の卒業研究発表

また、株式会社リハビテックと共同で行いました商業展示にも、多くの方々にお越しいただきました。あわせてお礼申し上げます。

来年、札幌で行われる第25回大会においても演題発表が出来ますよう社員一同さらに研鑽に励みたいと思います。

>>一覧