● 学会発表・参加報告

海外研修報告の一覧はこちら
2017年 5月 ISPO WORLD CONGRESS in South Africa
(南アフリカ・ケープタウン)
2017年 2月 第3回 京都リハビリテーション医学研究会学術集会(京都) 「融和、そして躍動」
  • *「バンド仕様の違いによるプラスチック短下肢装具装着時間の比較」 (朝陽 静香)
  • *「短下肢装具下腿バンドの仕様の違いによる下腿制動性の比較」 (飯塚 悠)
      * はポスターセッション

  • 2017年 1月 第13回 日本整形靴技術協会学術大会(愛知) 「整形靴技術はintelligenceとtechnique」
  • 「足底板製作における作業方法改善の取り組み」 (坂野 友紀)
  • 「足関節の重度な変形に対する足部覆いの製作経験」 (長田 優美)

  • 2016年11月 Asia Prosthetic and Orthotic Scientific Meeting 2016
    (韓国)
  • 「Investigation of influence of load on shoulder generated by difference in harness arrangements of shoulder abduction brace」 (松坂 康平)

  • 2016年10月 第32回 日本義肢装具学会 学術大会(札幌) 「義肢装具のフロンティア
    〜夢の実現を目指して〜」
  • 「カテーテル後に使用する肘装具について」 (飯塚 悠)

  • 2016年 7月 第23回 日本義肢装具士協会学術大会(兵庫) 「可能性の探求」
  • 「当社における義肢装具士の卒後から10年のキャリアパスウェイについて」 (坂本 明信)

  • 2016年 6月 第53回 日本リハビリテーション医学学術集会(京都) 「軌轍と融和」
  • 教育講演「下肢装具のチェックポイント −義肢装具士の立場から−」 (坂本 明信)
  • *「多指電導義手によるベルト材把持安定性の検証」(野村 方哉)
  • *「大腿切断短断端の1症例に対する大腿義足の製作経験」(朝陽 静香)
  • *「3次元点群データを用いたLeg heel alignmentの推定法」(益原 絆)
  • *「頸椎装具の固定力評価装置の開発」(松坂 康平)
  • *「頸椎固定力評価装置を用いたCTOとCOの検証」(友膳 佳寿子)
  • *「装具の内反角を変更し褥瘡が改善した一症例」(藤田 淳史)
  • *「装具耐久性の問題によりカーボンアンクルセブンに作り替えた事例」(野村 正洋)
  • *「特発性側弯症に対する装具療法の目標値設定について」(森 耕平)
  • *「人工呼吸器・酸素ボンベを積載できるベビーカーとバスケット製作経験」(仁賀 雅樹)
      * はポスターセッション

  • 2015年 6月 第22回 日本義肢装具士協会学術大会(東京) 「ものづくりの原点回帰」
  • 「ボストンブレース仮合せ後の修正箇所の調査と臨床での適合判断の実際と工夫」(野村 正洋)
  • 「足部切断に対して足底装具、靴型装具を製作した1症例」(藤井 悠輔)
  • 「腰椎ダーメンコルセットの不適合についての考察」(田島 寛之)
  • 「二本がけタイプ肩外転装具の使用による筋緊張低減効果の実験的検討」(松坂 康平)
  • 「義肢装具利用者に関する介護職員へのアンケート調査」(山田 清隆)
  • 「卒後教育としての教育制度」(藤田 淳史)
  • 「破損していた短下肢装具の一症例を通じて」(飯塚 悠)
  • 「片麻痺患者に靴型装具からカーボン支柱付短下肢装具へ移行した1症例」(水野 翔太)
  • 「皮膚伸張刺激による足関節周囲筋の反射に関する研究」(大友 将也)*
      * は北海道科学大学の卒業研究発表

  • 2014年 7月 第21回 日本義肢装具士協会学術大会(金沢) 「専門性を磨くには」
  • 「膝継手をC-Leg®からGenium®へ移行した大腿義足ユーザーの一症例」(相根正純)
  • 「両手指切断者に対する自動車運転補助装置を用いた義手の一症例」(寺本孝文)
  • 「退院後の入浴用肩外転装具の開発」(野村方哉)
  • 「C6脊髄損傷者一例に対するパーキングチケットの利用を目的とした自助具の開発」(磯村明)*
      *は日本聴能言語福祉学院の卒業研究発表

  • 2014年 5月 第113回日本皮膚科学会総会(京都)
  • 教育講演 フットケア:現場で必要な他科との連携も含めた最新知識 「ここが知りたい装具の知識」(坂本明信)

  • 2013年 7月 第20回 日本義肢装具士協会学術大会(沖繩) 「温故知新」
  • 「足趾変形に対する矯正装具の1症例」(仁賀雅樹)
  • 「新しい頚胸椎装具マックスフィット®」(飯塚悠)
  • 「急性感染性電撃性紫斑病による四肢切断に対して義肢を作製した1症例」(朝陽静香)
  • 「小学生サッカー検診で行った足の計測についての報告」(松岡洋輔)
  • 「地域医療(在宅)への取組み 〜在宅での長下肢装具製作の経験〜」(山田清隆)
  • 「両肩関節麻痺性亜脱臼にオモニューレクサを連結した一症例」(飯塚悠)

  • 2013年2月 Asia Prosthetic and Orthotic Scientific Meeting 2013
    (インド)
  • 「A study of size classification using the K-means clustering method applying to the Boston Brace (R) module in Japan」 (益原絆)
  • 「Development of a new cervico thoracic orthoses-Its design & pilot evaluation-」 (花島毅)

  • 2013年3月 第4回全国電動義手研究会(兵庫)
  • 「腱駆動を用いた電動義手骨格の試作開発と拮抗制御アルゴリズムの検討」 (野村方哉)

  • 2012年 3月 第28回 日本義肢装具学会研修セミナー(金沢) 「上肢・手外科疾患の治療と装具療法の適応」

    2012年 7月 第19回 日本義肢装具士協会学術大会 (札幌) 「地域に密着した福祉とは?」
  • 「RAによる足関節回内変形に対して靴型装具を製作した一症例」(山田清隆)
  • 「血管再生医療後に製作した短下肢装具の1症例」(仁賀雅樹)
  • 「義肢装具士新卒教育について ブラザーシスター(BS)制度の活用」(田中希恵)
  • 「大腿支持部付き体幹装具の症例報告と一考察」(太田賢人)
  • 「経験年数による体幹陰性モデルの周径比較」(西澤美帆子)
  • 「VACO®pedについてのアンケート調査」(松岡洋輔)

  • 2011年10月 第27回 日本義肢装具学会学術大会(東京) 「新たな社会ニーズへの対応を考える」

    2011年 6月 第18回 日本義肢装具士協会学術大会 (大阪) 「義肢装具と新たな潮流」
  • 「中足骨延長中の装具を製作した症例報告」(坂本明信)
  • 「ボストンブレースシステムの初期矯正率調査」(山田清隆)
  • 「イリザロフ創外固定器を装着した小児患者に対する足底装具の考案」(仁賀雅樹)
  • 「手足症候群の足底装具製作経験について」(M口洋光)
  • 「肩外転装具ケンバッグ 〜症例調査と臨床での実際〜」(菅野ミキ)

  • 2010年11月 第38回 日本関節病学会(京都) 「関節病に対する多角的アプローチ」

    2010年10月 第26回 日本義肢装具学会学術大会(埼玉) 「義肢装具における
    エビデンスの構築をめざして」

    2010年 7月 第17回 日本義肢装具士協会学術大会 (東京) 「プロフェッショナリズム」
  • 「下腿切断を伴う内側股継手付き長下肢装具の製作経験」(西本敬)
  • 「下顎骨骨折後にMandible Protectorを製作した一症例」(中川幸則)
  • 「英国の義肢装具士のContinuous Professional Development」(坂本明信)

  • 2010年 5月 第13回 ISPO国際会議ドイツ大会
  • 「An Experimental Study of Influence of Wedged Insoles on Forefoot Plantar Pressures
    〜楔状足底板の前足部圧力分布に与える影響についての実験的検討〜」(益原絆)

  • 2009年11月 第25回 日本義肢装具学会学術大会(神戸) 「ハードウェアとソフトウェアの融合」
  • 「小児用スライド部品の開発」(西田拓晋)
  • 「楔状足底板装着時の前足部圧力分布変化に関する考察(第2報)」(益原絆)

  • 2009年 7月 第16回 日本義肢装具士協会学術大会 (長崎) 「フィールドの拡大」
  • 「当社における過去6年間の装具処方のトレンド」(山田清隆)
  • 「Jリーガーに肘関節脱臼後の装具を処方された一症例」(仁賀雅樹)
  • 「チャーグストラウス症候群おける靴型装具の製作について」(M口洋光)
  • 「新しい頚椎装具」(蔵本郁生)
  • 「打ち抜き加工された発泡体を使用したプロテクターの製作経験〜慢性骨髄炎の一症例を通じて〜」(坂本明信)
  • 「プロサッカーチームでのインソール供給経験について〜得た経験知と難渋した症例について〜」(坂本明信)

  • 2008年11月 第24回 日本義肢装具学会学術大会(東京) 「"くらし"と義肢装具」

    2008年10月 第42回 日本側彎症学会(奈良)
    第17回日本脊椎インストゥルメンテーション学会

    2008年 5月 第15回 日本義肢装具士協会学術大会 (仙台) 「他職種から学ぶ適合のあり方」
  • 「義肢装具製作作業における作業環境改善」(吉田典弘)
  • 「足底装具製作 CAD/CAMシステム導入について」(山川勲)
  • 「アキレス腱断裂用AFO足部の簡易的強度試験」(花島毅)
  • 「膝継手膝折れ対策のための工夫 関節角度センサーの利用」(吉田昭彦)*
  • 「荷物保持が下腿義足装着者の歩行に与える影響」(大槻清隆)*
  • 「術後疼痛の軽減および肩関節の良肢位調節機能が可能な肩外転装具の開発」(野村方哉)
      *は早稲田医療技術専門学校 義肢装具学科の卒業研究発表

  • 2008年 4月 第110回 中部日本整形外科災害外科学会(滋賀)

    2008年 2月 第4回 日本整形靴技術協会学術大会(神戸) 「健康を支える整形靴技術」

    2007年11月 第23回 日本義肢装具学会学術大会(松江) 「夢を創る」
  • パネルディスカッション「ISOと義肢装具」(坂本明信)
  • マニュファクチャラーズワークショップ「ボストンブレースとボストンソフトジャケットのご紹介」(加藤勝治郎)

  • 2007年 5月 第14回 日本義肢装具士協会学術大会 (名古屋) 「ものづくりから未来を学ぶ」

    2006年11月 第40回 日本側彎症学会(京都)

    2006年11月 材料学会 第1回セミナー(京都)   ―第9回例会―

    2006年10月 第22回 日本義肢装具学会学術大会(熊本) 「高齢社会と義肢装具」
  • 「形状記憶合金を用いた多関節電動義手の開発」(野村方哉)

  • 2006年 6月 第19回 日本臨床整形外科医会(京都)

    2006年 5月 ロボティクス・メカトロニクス講演会 「豊かな生活に向けたRTの集大成」
  • ポスターセッション「形状記憶合金を用いた人間型指関節の開発」(野村方哉)

  • 2006年 6月 第13回 POアカデミー研究会(大阪) 「職域・国境を越えたコラボレーション」
  • 「ボストンブレースによる製作工程の効率化」(板倉睦)
  • 「ボストンブレースシステムの臨床調査」(山田清隆)
  • 「イリザロフ創外固定器に対する歩行装置の一考案」(古村善之)
  • 「シャワー浴用肩外転装具の製作」(花島毅)
  • 「義肢装具製造における品質マネジメントシステムISO9001の活用」(吉田典弘)
  • モーニングセミナー「保存療法(装具療法):当社取扱装具製品の紹介」(加藤勝治郎)

  • 2006年 5月 第79回 日本整形外科学会学術大会(横浜) 「次の100年へ」

    2005年11月 第21回 日本義肢装具学会学術大会(静岡) 「義肢装具の新たなる展開をめざして」
  • ポスターセッション「カーボンプリプレグKAFOと従来型との
     重量・製作工程時間の比較と軽量化による酸素摂取量についての考察」(大橋真悟)

  • 2005年 7月 第12回 POアカデミー研究会(埼玉) 義肢装具とEBM」

    2005年 6月 第34回 日本脊椎脊髄病学会(宮城)

    2004年11月 第20回 日本義肢装具学会学術大会(名古屋) 「近未来の義肢装具」
  • 「ゴルフ用義手製作の経験」(山田清隆)
  • 「ボストンブレースの実際臨床例」(北川勝也)

  • 2004年 9月 第27回 材料講習会(京都) 「医師と患者が求める材料・技術」
  • 装具・福祉領域のプレゼンテーション(坂本勉)

  • 2004年 8月 第11回 ISPO世界大会(香港)

    2004年 6月 第11回 POアカデミー研究会(熊本) 「義肢装具士の可能性」
  • 「膝蓋骨脱臼用サポーターの開発」(吉田剛)
  • 「ゴルフ用義手製作の経験」(山田清隆)
  • 「ボストンブレースの実際臨床例」(北川勝也)

  • 2003年10月 第19回 日本義肢装具学会学術大会(福岡) 「利用者のQOLを高める義肢装具を目指して」

    2003年 7月 第10回 POアカデミー研究会(山口) 「POアカデミー10周年記念大会」

    2003年 6月 日本小児股関節研究会(滋賀)

    2003年 6月 リウマチケア研修会(京都)
  • 講演「リウマチ装具の工夫」(坂本勉)

  • 2003年 5月 日本材料学会 第52期通常総会(東京) 「義肢・装具の歴史と現状および将来展望」
  • 「義肢・装具の歴史と現状および将来展望」(坂本勉)

  • 2002年11月 第18回 日本義肢装具学会学術大会(福岡) 「義肢装具の科学性」

    2002年 7月 ISPO(第10回)プレ大会(香港)

    2000年 第7回 POアカデミー研究会(東京)
  • 「機能的肩装具「FSO」の開発」(坂本勉)

  • 2000年 第16回 日本義肢装具学会学術大会(札幌)
  • 「新型足関節サポーター(RGアンクルα)の競技における有用性の考察」(小島一浩)
  • 「下肢免荷装具における足部パーツの工夫 ローラー型スライドパーツの改良」(鈴木和敏)
  • 「PTB免荷装具における内側フレア始部の有用性〜陽性モデル修正の違いによる歩行への影響〜」(山本祥久)

  • 1999年 第6回 POアカデミー研究会(徳島)
  • 「AFO製作技術を用いた靴型装具の一考察」(松村慎二)

  • 1999年 第15回 日本義肢装具学会学術大会(広島)
  • 「機能的肩装具の改良」(吉村俊幸)
  • 「下肢麻痺に対するフレキシブルアンクルカプセルの実用性の考察」(小島一浩)
  • 「AFO製作技術を用いた靴型装具の一考察」(松村慎二)
  • 「股関節外転位保持装具についての考察 第2報」(鈴木和敏)

  • 1998年 第14回 日本義肢装具学会学術大会(松山)
  • 「股関節外転位保持装具についての考察」(鈴木和敏)
  • 「装着感を考慮した足底挿板の考察」(小島一浩)

  • 1998年 第9回ISPO世界義肢装具学術大会(アムステルダム)
  • 「Development of a new knee extension assisted orthosis KURG」(松村 慎二(共同演者))

  • 1997年 第4回 POアカデミー研究会(山形)
  • 「改良型踵骨々折用PTB装具の一考察」(鈴木和敏)

  • 1995年 第8回ISPO世界義肢装具学術大会(メルボルン)
  • 「The new Pogo-Stick brace」(岡田正之)

  • 1995年 第11回日本義肢装具学会学術大会(弘前)
  • 「ペルテス氏病用改良型ポーゴスティックブレースの試み」(鈴木和敏)

  • 1990年 第6回日本義肢装具学会学術大会(富山)
  • 「新しい腰椎コルセット−スパイラルボディーコルセットの考案」(坂本勉)

  • 1989年 第14回本義肢装具技術者協会研究会(名古屋)
  • 「機能的肩装具−ニュータイプについて」(吉村俊幸)

  • 1989年 第6回ISPO世界義肢装具学術大会(神戸市)
  • 「soft lumbercorset which emphasizes the importance of the pressure on the oblique abdominal muscles in forward-leaning posture」(坂本勉)

  • 1988年 第4回日本義肢装具学会学術大会(武雄)
  • 「免荷効果の改善の試み−ローラー型スライド式装具」(吉村俊幸)

  • 1987年 第12回日本義肢装具技術者協会研究会(福岡)
  • 「免荷効果の改善の試み−ローラー型スライド式装具」(吉村俊幸)

  • 1987年 第3回日本義肢装具学会学術大会(仙台)
  • 「Flexible Shoulder Brace」(坂本勉)

  • 1986年 第11回日本義肢装具技術者協会研究会(東京)
  • 「機能的肩装具」(坂本勉)

  • 1985年 第10回日本義肢装具技術者協会研究会(仙台)
  • 「足関節外側々福靱帯損傷用装具」(坂本勉)

  • 1984年 第9回日本義肢装具技術者協会研究会(岡山)
  • 「内反足用functionalbrace」(坂本勉)