義肢(義足・義手)装具のご用命は、(株)洛北義肢へ

第3回 ボストンブレース・セミナー開催

義肢装具会社様向けに、ボストンブレース・セミナーを開催しました。


2005年3月12日(土)
当社新工場(原谷第一工場)内セミナー施設において、第3回ボストンブレースセミナーを開催いたしました。 1回目、2回目にご参加いただけなかった10社様、19名の参加がありました。 今回は当社のボストンブレースR&D担当のメリック・スミス氏は招聘せずに、当社のスタッフのみで行ないました。 

営業POから、製造スタッフの側面からと、当社の分業制にそって説明をさせていただきました。 参加いただいた方々からは、ボストンブレースシステムの利点を十分にご理解いただけたものと確信しております。 
当社でも経験していることですが、特に思春期の少年少女におこる特発性側彎症への装具治療処方は、8月の夏休みと3月の春休みに集中いたします。 ボストンブレースヨーロッパ社の日本総代理店として、より多くの症例に役立てられるように紹介を続けていきたいと存じます。 

セミナー会場風景採寸実習

ブループリント実習をしていますモジュール製作実習をしています

参加者は皆熱心です

詳細は、お問い合せフォーム よりお願いします

*** 納入までの流れ ***
ボストンブレースはポリプロピレン製・左右対称型のレディメイド製品で、患者様からの採寸値をもとに洛北義肢がオーダーし、モジュールを義肢装具会社様にお渡しいたします。 カット・トリミング・パッド取付けを行なっていただいてから納品となります。 側彎症(そくわんしょう)は成長期・思春期の子供に多く見られ、採型されることにはかなり抵抗があるのですが、このブレースでは4個所の採寸のみで装具が作成されるため、比較的すんなりと装具が受け入れられるというメリットがあります。
ボストンブレース 関連ページ  
側わん症ってなに? 製品紹介ページ
Allard UK社 代理店認定 ボストンブレース納品までの流れ
第1回ボストンブレースセミナー 第2回ボストンブレースセミナー
第3回ボストンブレースセミナー 第4回ボストンブレースセミナー
第5回ボストンブレースセミナー 第6回ボストンブレースセミナー
第7回ボストンブレースセミナー 第8回ボストンブレースセミナー