第7回 ボストンブレース・セミナー開催

関東地区の義肢装具会社様向けに、ボストンブレース・セミナーを開催しました


2008年9月27日(土)
第7回『ボストンブレース・セミナー』(「ボストンブレース製作方法」)を、 財団法人「啓成会」様(東京都)の高等職業技術専門校にて開催致しました。 今回は日本義肢協会関東支部様に共催していただき、 関東以北の義肢装具会社様を中心に50名を超える方々に受講していただきました。

セミナーでは ボストンブレース の特徴や利点をご理解していただいた上で、 製作までの工程から患者様へお渡しするまでの一連の流れをお伝えしました。 理論に加え、採寸や]線写真を使用してのブループリント作成なども一通り実習していただきました。 参加者の方々にはどなたも熱心に受講していただき、数多くの貴重なご質問・ご意見を承りました。 また、CP患者様や座位保持を目的に使用される ボストンソフト・ジャケット の紹介も行い、多くの参加者に興味を持って頂くことができました。

午前中から夕方まで長時間のセミナーとなりましたが、ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。


*** 納入までの流れ ***
ボストンブレースはポリプロピレン製・左右対称型のレディメイド製品で、患者様からの採寸値をもとに洛北義肢がオーダーし、モジュールを義肢装具会社様にお渡しいたします。 カット・トリミング・パッド取付けを行なっていただいてから納品となります。 側彎症(そくわんしょう)は成長期・思春期の子供に多く見られ、採型されることにはかなり抵抗があるのですが、このブレースでは4個所の採寸のみで装具が作成されるため、比較的すんなりと装具が受け入れられるというメリットがあります。
ボストンブレース 関連ページ  
側わん症ってなに? 製品紹介ページ
Allard UK社 代理店認定 ボストンブレース納品までの流れ
第1回ボストンブレースセミナー 第2回ボストンブレースセミナー
第3回ボストンブレースセミナー 第4回ボストンブレースセミナー
第5回ボストンブレースセミナー 第6回ボストンブレースセミナー
第7回ボストンブレースセミナー 第8回ボストンブレースセミナー